外食アワード

外食産業記者会の創立25周年記念事業として制定した表彰制度は、今般第18回目になります。選考委員会は、このたび「外食アワード2021」の選考作業を終え、表彰対象者(受賞者)として分野別に合計7氏を決め、ここに発表します。
 また、2021年は外食から見てどんな年であったか、どんなことが話題になったのかを象徴する言葉として、選考委員会は6つの「2021年外食キーワード」を選びました。

 
 
みずとめ・こういち
水留 浩一
株式会社FOOD & LIFE COMPANIES 代表取締役社長CEO
《表彰理由》
回転寿司業界最大手の「スシロー」トップに2015年就任し、「スシロー」が持つコンセプトをブラッシュアップ。商品面やプロモーションでの手腕を発揮し、他社をさらに引き離した。事業の構造改革にも熱心で郊外ロードサイドの「スシロー」とは別に、繁華街型の寿司居酒屋業態の「杉玉」をいち早く開発。すでに40店以上を展開する。また老舗寿司店「京樽」を買収し、テイクアウト専門店を強化するとともに、「京樽」が持つ回転寿司店「海鮮三崎港」の改革にも着手。寿司業界の革命児として存在感を発揮している。
 
ふじた・けん
藤田 建
GOSSO株式会社 代表取締役
《表彰理由》
ストレスフリーのエンタメ焼肉をコンセプトにした「0秒レモンサワー® 仙台ホルモン焼肉酒場 ときわ亭」。全卓に設置された卓上レモンサワーは「0秒レモンサワー®」の愛称で一大ブームを巻き起こした。模倣店も全国に拡がり、卓上レモンサワーの火付け役となった。2019年12月、神奈川・横浜の1号店のオープンを皮切りに、2020年7月には旗艦店である東京・渋谷店をオープン。その後もコロナ禍にもかかわらず、出店の勢いは止まることなく、2021年11月にオープンした奈良・近鉄奈良店で45店舗となった。
 
あかつか・げんき
赤塚 元気
株式会社DREAM ON 代表取締役社長
《表彰理由》
居酒屋業態を主力にする中で、コロナ前から育成していたカフェ業態「Espresso D' Works(EDW)」と食パンの物販店「One Hundred Bakery」の出店を一気に加速させ、コロナ禍にありながら行列の絶えない繁盛店を創り上げた。さらに、居酒屋の二毛作店としてスタートしたハンバーグ専門店「君のハンバーグを食べたい」がヒット。コロナという逆風を原動力に事業を拡大した様は、飲食業の機動力と可能性を大いに見せつけた。
 

やまもと・しょうへい
山本 昇平
株式会社挽肉と米
Chief Meat Rice Officer/CRO

 

きよみや
清宮 としゆき
株式会社挽肉と米
Chief Executive Officer/CEO

  こにし・としゆき
小西 利行
株式会社挽肉と米
Chief Creative Officer/CCO

《表彰理由》
「挽きたて、焼きたて、炊きたて」の3たてにこだわった炭火焼きハンバーグと炊きたてごはん専門店「挽肉と米」が大ブレイク。炊きたての米の上に焼きたてのハンバーグをのせて食すというという体験を買ってもらう――外食の最大かつ独自の強みである「体験」。それをシンプルに掘り下げた。単に生産性を上げて高回転の店を創るのではなく、「場があることを活かした商品提供」と「商品価値の向上」といった、これまでの飲食のあり方とは異なるアプローチでブランディングに成功。店舗数至上主義、売上至上主義の外食業界に一石を投じた。店舗ができるまでの間、キッチンカーで始動。開店までの模様を一連のストーリーとしてSNSで発信し続けるなど、新たなブランディングの形も示した。
 
のぐち・かつみ
野口 克
サンデン・リテールシステム株式会社 専務執行役員コールドチェーン事業部長
《表彰理由》
冷凍自動販売機「ど冷(ひ)えもん」を2021年1月末に発売。コロナ禍において24時間、非対面・非接触、冷凍で食品が購入できるといった「ど冷えもん」の特長が支持された。時間短縮で苦しんだ飲食店が、中身商品の開発を積極的に行い、売上げ減を補うことが出来た。メディアでも「ど冷えもん」を導入した飲食店が積極的に取り上げられ全国に波及した。餃子、ラーメン、総菜、肉、鮮魚、スイーツなど多品種の冷凍食品が「ど冷えもん」で販売されるようになった。営業時間にとらわれない、人件費を抑えることができる、冷凍保存で食品ロスを削減できる等の利点から、「ど冷えもん」の飲食店からの引き合いはコロナ後も継続すると考えられる。
 
該当者なし
 
 

酒類提供禁止
 緊急事態宣言下、酒類提供の自粛が要請された。2020年の宣言では時短要請だけだったが、2021年の3度目の宣言で4月25日より、この事態となり、令和の「禁酒令」とも言われる。ただし、改正コロナ特措法上では、命令や過料を伴う罰則もあったが、それに従わない飲食店は多くのお客であふれた。

DX
 デジタル・トランスフォーメーションの略称。店舗のオペレーションをデジタル機器によって効率化し、対人接触を減らすとともに、本格的な人手不足時代に生産性を上げることを狙っている。ただし、概念はやや曖昧で、単にモバイルオーダーシステムや無人POSを導入するだけのところも少なくない。本来はデジタルデータを分析し、店の仕組み自体を改善することが本筋。まだまだ発展の余地がある。

ミートショック
 牛タン、牛ハラミをはじめとした食肉の価格が急騰したこと。背景にあるのは、コロナ禍で産地の生産性が下がったことに加え、コンテナ船などの物流も停滞したことにある。値上げは食肉に限らず、食用油や小麦などの基礎食材にも広がっており、外食業界にも大きな影響を与えている。

チキンバーガー
 2021年に突如起こったブーム。ロイヤルホールディングスが「Lucky Rocky Chicken」を出店すると、ダイニングインベーショングループの焼き鳥店すみれが「Doo Wap」を開発。鳥貴族も「TORIKI BURGER」を出店し、一気に盛り上がりを見せた。米国で、新興の「チックフィレ(Chick-fil-A)」が伸び、大手ファストフードがチキンバーガーに取り組んだことがきっかけだが、コロナでハンバーガー業態の強さを各社が認識し、新しい分野として取り組み始めたという事情もある。

フルーツサンド
 旬のフルーツを生クリームとともにパンに挟んだもの。断面がパンや生クリームの白い色に対して、イチゴやキウイなど鮮やかなフルーツが目立つ作り。ここ数年の「映える」トレンドにうまく乗った。専門店だけでなく、コンビニやカフェでも人気で、食事としてのサンドイッチではなく、デザートサンドイッチの立ち位置を獲得している。

映えグラス
 ビールやハイボール、サワー類のグラスに、その店のロゴや独特なフレーズをプリント。そのグラスを撮影した写真がSNS映えし、店の認知度向上に一役買い、「映えグラス」を導入する店が急増している。

 

特別協賛:焼肉ビジネスフェア事務局/居酒屋JAPAN事務局
 

   TOPHome